テイケイトレード確定申告について

派遣スタッフのテイケイトレードで働くと確定申告は必要か、その疑問に対する答えはイエスです。

正確には所得額によって申告が必要かどうか決まるので、厳密にいえばケースバイケースとなります。

1日あたりの就業時間が短時間でも、所得が一定額を超えれば要申告となりますが、これはテイケイトレードに限られないものです。

派遣スタッフの形で働くかどうかに関わらず、収入から経費を差し引いて残った所得額に応じます。

年末調整を受ける前に辞めてしまったり、派遣スタッフ以外の収入が20万円以上ある場合は確定申告が必要になる可能性が高いです。

つまり、テイケイトレードの仕事以外にも収入があるなら、それについても計算して所得を算出したり、所得額に応じて税金が発生するか確認する必要があります。

収入があるのに確定申告の必要性を確認せず、必要な納税を行わないとペナルティが発生するので注意です。

むしろ、確定申告は積極的に行った方が、戻ってくるお金も発生するので損をしない結果となります。

スポンサーリンク